ミニマリズム

【スマートで機能性がある】ミニマリストが財布代わりを提案する

スポンサーリンク

 

今の財布って基本大きいし、嵩張る。ミニ財布も選択肢だけど、他の財布代わりとなるものってあるかな?

 

こんな疑問に答えます。

 

こんにちは、かわしんです

 

この記事では

 

  • 財布代わりを探す理由
  • 財布代わりを使用するメリット・デメリット
  • 代替品一覧

 

以上について触れています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

なぜ財布を使わないか

 

理由は以下の3つ。

 

  • 大きい、嵩張る
  • 防犯
  • 機能性

 

順番に見ていきます。

 

大きい、嵩張る

 

そこまで、お札やカードを収納しない、使わない。なのに既存の財布は、ミニ財布ですら大きくて嵩張る。

 

その結果、財布代わりを探し始めます。

 

防犯

 

海外でこれ見よがしに財布を使っていると、スリに狙われる。

 

または財布をよく紛失するからあえて、代わりを使うという場合も考えられるでしょう。

 

機能性

 

耐久性や防水を考えると、財布はファーストチョイスとはいえない。探し出すと比較的高価になっていきます。

 

【財布代わり】メリットとデメリット

 

まずはデメリット。

 

小銭の取り扱いに気を使う

紙幣を折りたたむ必要がある

 

財布代わりはコンパクトで小さい傾向にあるので、紙幣を折りたたむ必要性が多い傾向にあります。

 

また、小銭をそもそも収納できないケースもあります。

 

自分はこれらデメリットを解消できる財布を選びました。多少かさばる意外にデメリットは特にありません。(しかし特許を持つくらいなので、これ以上は小さくするのは難しそう)

 

 

次にメリット。

 

荷物が減る、手ぶらで出かけることができる 

無駄な支出が減る(お金が溜まりやすい)

 

ダウンサイジングすることで、嫌でもカードや小銭を減らせなければなりません。

 

ちょっとしたことのように思えますが、「カードが多すぎて、レジで人を待たせる人」にうんざりするならば、自分はそうならないようにした方が賢明です。

 

ただ女性はポケットに、スマホや財布を入れる人が、男性に比べて少ない(サコッシュなどに入れる)ので、すぐに「手ぶら」とはならないかもしれません。

 

無駄な支出が減る点は、小銭を持たないと、小さな買い物が減ります。わざわざお札を使うまでもないし、小銭が溜まることを回避しようとします。

 

毎日100円でも月3000円の出費になるので長いスパンで考えれば、馬鹿にできません。

 

しかし、恩恵を受けやすいのは現金派の人に多いとは思います。カードを使うと上限額まで使えますし、バーコード決済があるので、個人的にはメリットとは薄い。

 

【スマホ代わり】代用一覧

 

財布代わりとなるのは以下の6つ。

 

  • マネークリップ
  • スマホケース
  • キーケース
  • バジェット封筒
  • 名刺入れ
  • ジップロック

 

順番に見ていきます。

 

マネークリップ

 

 

マネークリップとは、お札やカードをまとめて挟み、スマートに運ぶ簡易的なクリップのことを指します。

 

お金が裸で出るのはスマートではない。また厚みでシルエットを崩さない。この2つの理由で考え出されました。

 

シンプルに挟むことのできるクリックタイプと、お札とカードを分けて収納できる札挟みタイプがあります。

 

お札やカードを数枚しか携帯しない方には、ファーストチョイスとして挙げられます。

 

スマホケース

 

 

種類としては、手帳型やスマホの背面に接着するタイプがあり、カードやお札(折りたたむ)を収納できます。(小銭は入りませんが)

 

ポケット1つでコンパクトに持ち運びが可能になります。

 

キーケース

 

 

純粋にキーだけを入れるケースは対象外ですが、カードやお札を収納できるモデルも存在します。

 

カラビナ付きを選択すれば、ズボンに引っ掛けるだけで「手ぶら」を実現できます。

 

バジェット封筒

 

主に節約や支出の管理に使われる袋を指し、用途別に月ごとの使うお金をあらかじめ決めます。

 

家計管理の延長線上で、そのまま財布として用います。

 

たまに封筒を開けて会計しておられる方を見かけます

 

名刺入れ

 

紙幣やカード、小銭を大量には収納できませんが、それぞれ数枚しか入れないならば、こちらも有力な選択肢になるでしょう。

 

しかし、小銭は収納できるとはいえ、設計上ポケットが広くない(あくまで名刺しか入れない)ので、取り扱いには注意が必要です。

 

ジップロック

 

主に使われるのは食品や小物の保存ですが、そこにお金を入れて管理します。

 

メリットとしては

 

  • 中身が一目でわかる
  • 耐久性がある
  • 防水
  • かさばらない

 

以上が挙げられます。

 

こちらは議論もあります。

 

https://www.j-cast.com/2019/03/06352043.html?p=all

 

【財布代わり】まとめ

 

財布代わりとして、他にもパスポートケースやポーチ、サコッシュなども挙げられますが、こちらは現金やカードを他と併せて収納している感が否めません。

 

そもそも財布を持たなくなったとはいえ、取り出すのに手間になるようでは、別のストレスが溜まります。そこまで使わないからとはいえ、いざ使う時にサッと取り出せた方がスマートです。

 

この記事で、現金やカードを収納するモノ=財布という固定概念から、一歩俯瞰的に見る視点が出来れば幸いです。

 

では、また。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム

© 2022 Less Powered by AFFINGER5