ミニマリズム

【自分はそう】ミニマリストは「ズボラ」なのか?

スポンサーリンク

 

ミニマリストって面倒を排除するために物を手放しているところもある?

性格的に「ズボラ」な方が多いの?

 

こんな疑問に答えます。

 

こんにちは、かわしんです

 

ミニマリストに「ズボラ」な方が多いかもしれないと感じたきっかけは、「ズボラ ミニマリスト」で検索してみるとヒットしたことが1つ。

 

そしてもう1つが振り返ってみると、自分も「面倒事を極力減らすにはどうしたらいいか?」

その答えとしてミニマリストになった部分もあるから。

 

意外とミニマリストにはズボラな方が多いかもしれないと思い、記事にしました。

 

この記事では

 

  • ズボラとは
  • ズボラミニマリストのメリット
  • ズボラを実践するための方法

 

以上の3点を解説しています。

 

実際のスボラなミニマリストがお話します。

 

ぜひ、最後までお読みください。

 

【ミニマリスト】ズボラとは

 

まずは言葉の意味から。

 

おこなうべきことや守るべきことをしなかったりおろそかにして、だらしないこと。

行動・態度にしまりがないこと。また、そのさま。

 

出典:精選版 日本国語大辞典

 

主な特徴として

 

「ズボラな人」の特徴

めんどくさがり

部屋が散らかっている

身だしなみが整っていない

約束を守らない

長続きしない

 

基本的には悪いイメージです。

 

しかし、ズボラなミニマリストは少し違います。

どっちかというと「物にかかる弊害を人一倍嫌う」傾向にあります。

 

どういうことか。

物が多いことによって、「気が散ってしまう」「管理や掃除が面倒くさい」といったデメリットにより敏感です。

 

約束を守らない、長続きしないは「物がもたらす弊害」ではないので当てはまることは少なく、物は元々少ないので散らかりません。

 

「部屋が散らかっている状態」は基本的にうんざりしますが、片付けや整理整頓で済ます方が多いでしょう。

 

ズボラなミニマリストは、「どうすれば楽になるか」「もっと楽をするにはどうすればいいか」を考えます。

 

その結果、「そもそも物を手放した方がよくね?」という結論に至ります。

 

ズボラなミニマリストのメリット

 

「ミニマリズム」のメリットと似通っているところもありますが、より楽になったことが中心です。

 

実際にズボラなミニマリストとして感じているメリットは以下の3つ。

 

  • 迷わない
  • 家事を減らせる
  • 各メンテナンスが楽

 

順番に見ていきます。

 

迷わない

 

迷わないとはどういうことかというと

 

「あれ、どこにやったっけ?」

「集中したいけど、周りに目が向いてしまう」

 

このような判断の迷いがなくなります。

 

物を探す時間と、物が多いことで集中力が削がれるという2点。

 

その他、例えばストック品の物と個数(○個まで持っておく)を決めておく。

そうすると、無駄な買い物と「ストックあったっけ?」という迷いがなくなります。

 

実践していくと、思考がクリアになっていきます

 

家事を減らせる

 

掃除や洗濯といった家事を「サボりたい」というのは誰でも思うもの。

 

工程そのものは代行サービスを使わない限り省略できませんが、減らすことは出来ます。

 

物が少ないことで単純に掃除が簡単に済みますし、いちいちどかして掃除することもありません。掃除用品そのものも少ないです。

 

シンプルに必要な物だけ揃っていれば、余裕がある人はお掃除ロボだけで済ませることができますし、クイックルワイパー1つで十分。

 

自分は小型掃除機とクイックルハンディのみで済んでいます

 

また調理器具や食器も少ないので使ったら洗う。

その時々はしんどいですが、溜まった洗い物を見るしんどさがなくなります。

 

「やること」を極限にまで減らす

 

メンテナンスが楽

 

例えば、服の収納や家電の掃除など。メンテナンスが楽になっていきます。

使っていく上で減耗していくことは避けられませんが、数を減らせばそれだけ時間を浮かすことができるでしょう。

 

服に関して言うと

 

  • モノトーンで統一して、シンプルなコーデを意識する
  • ランダムに組み合わしてもコーデを完成させる服を持つ
  • そもそもT-シャツなど、何枚まで持つかを決めて最低限の数で回す

 

ここでも「どうすれば楽できるか」を考えていきます。

 

ズボラを実践するための方法

 

考えることはシンプル。

大きく面倒くさい「やらないといけないこと」から逆算して減らすことです。

優先順位を設定しましょう。

 

例えば掃除は好きだけど、洗濯は面倒。

掃除でも床掃除はいいけど、風呂掃除は面倒。

やらなくてはいけないけど、非常に億劫に感じる作業を割り出していきましょう。

 

「時間がかかるのはしょうがない」「作業が複雑なのは仕方がない」という思い込みをしていませんか?

 

ズボラは裏返せば、効率化を追求しているともいえます。

 

また、物そのものを減らことを検討してみてください。

 

風呂場といった場所や、冷蔵庫などの生活必需品の家電は捨てることはできませんが

 

  • しばらく使っていない服
  • 多すぎるストック品
  • 「いつか使うかも」といって残しているもの
  • いただき物やプレゼント

 

以上の4つなどは捨てることを検討できます。

 

その他、意外と収納ボックスそのものも減らすことができます。

 

いちいち中身を取り出して掃除しないといけない収納ボックス。

そこに入っている物を捨てることができないか。小さく他のボックスに統一できないか

検討の価値があります。

 

【ミニマリストはズボラ?】まとめ

 

この記事を軽くまとめると

 

この記事のまとめ

・ズボラとは、おこなうべきことや守るべきことをしなかったりおろそかにして、だらしないこと。行動・態度にしまりがないこと。また、そのさま。

・ズボラなミニマリストのメリットは迷わない、家事を減らせる、各メンテナンスが楽なこと。

・ズボラを実践する方法は、2つ。

大きく面倒くさい「やらないといけないこと」から逆算して減らすこと。

物そのものを減らすことを検討してみる。

 

以上の3つです。

 

管理の不便>持つ便利となったズボラなミニマリスト。

 

1人暮らしだからできる。家族を持ったらこうもいかない。

 

そう思う方もいるでしょう。

 

しかし、ズボラを実践しているのは主婦の方が圧倒的に多いです。(ズボラ ミニマリストで検索してみてください)

 

 

考え方は人それぞれですが、ただ単に工程を省略してダラダラするのもいいでしょう。

 

しかし、空いた時間を使って「自分の優先したいこと、実現したいこと」に時間を割く。

これがミニマリズムの本質だったりします。

 

家事そのものを楽しむ方以外は、自分の「楽をしたい」という感情に従ってみてはいかがでしょうか。

 

では、また。

 

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム

© 2022 Less Powered by AFFINGER5