バイアス 自己理解

【煽りタイトルの温床】ツァイガルニク効果とは?意味と活用、対策について解説

スポンサーリンク

 

「〇〇の熱愛報道 気になるお相手は」。

 

このような続きが気になるようなタイトルに潜む「ツァイガルニク効果」について解説。

 

実生活での有効活用から、振り回されないための対策まで、ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

ツァイガルニク効果とは?

 

完了した事柄より、まだ完了していない事柄の方が気になり、記憶に残りやすい心理傾向。

 

人は、キリのいいところで終わらせたい

 

心理学者のクルト・レヴィンとブルーマ・ツァイガルニクによって提唱されました。

 

「人は何らかの欲求が未完了の場合は緊張感が持続しやすく、それが達成されることで緊張感が解消する」という仮説から心理学実験で実証されています。

 

  • 続きはCMのあとで
  • 試験の後、出来た問題より出来なかった問題を思い出す
  • 1巻だけ無料で読ませる有料コミックアプリ

 

例えば、上記。

 

ツァイガルニク効果は、強力なモチベーションを誘発しますが、中断された仕事が多いと「早く終わらせないと」とストレスのもとにもなります。

 

【ツァイガルニク効果】活用、対策

 

個人での活用場面と、マーケティングで使われる場面の2つで見ていきます。

 

有効活用

 

「まだあのタスク残っているな」と、あえてキリの悪いところで切り上げる。

 

キリの良いところで終わらせると満足感から、作業をそこで切り上げてしまう可能性が高い。「続きを再開したい」という気持ちを連続的に作り出します。

 

生産性、作業効率を高めるために行われる「25分作業して、5分休憩する」というポモドーロ・テクニックがあります。

 

この手法も作業をこまめに中断して、集中力と持続性を高めています。

 

また個人の場面では、未完了のタスクの管理が必要になってくる。そのため、スケジューリングやTodoリストの活用をお勧めします。

 

対策

 

ツァイガルニク効果は、マーケティングにも用いられます。

 

ただ「続きが気になる」=「その続きが自分のメリットになる」かは別問題。余分に時間とお金を搾取されるかもしれません。

 

また人は、継続途中のサービスを完了前に放棄するのを嫌う(サンクコスト効果)があるため、最初を慎重に判断する必要があります。

 

 

商品にしろサービスにしろ共通点は、小出しにしてきて、最後まで行動を継続させてくる(焦らしてくる)こと。

 

  • 全体像、終了時間などの「物事の終わり」を直接聞く
  • 「続き」を時間やお金など、コストを支払うほどのものか考える
  • 「ここまで知ることができればいい」と、自分の基準を持っておく

 

対策として考えられるのは、上記。

 

大事なのは、主体性を持つこと。ツァイガルニク効果そのものはどうにもできませんが、行動の前に「自分の判断」をワンクッションおきましょう。

 

【ツァイガルニク効果】まとめ

 

作業効率において毒にも薬にもなる「ツァイガルニク効果」。

 

作業を1つ1つきっちり片付け、次にしっかりと時間通りに動けるなら、中途半端に仕事を残すべきではないかもしれない。

 

ただ、人は1回の休憩でだらだらしてしまうこともある。集中力が持続しないかもしれない。

 

そんな時に、「あえて未完了の状態でタスクを残しておく」という選択肢は、ツァイガルニク効果を引き起こし、モチベーションを高めます。

 

未完了のタスクを多くしすぎない限り、役立つことが多い「ツァイガルニク効果」をぜひ、実生活で活用してみてください。

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-バイアス, 自己理解

© 2022 GROUND Powered by AFFINGER5