バイアス 社会的影響 自己理解

【ファン心理】内集団バイアスとは?意味や対策を簡潔に解説

スポンサーリンク

 

ファンやサポーターが過剰に熱くなる理由、「内集団バイアス」について解説。

 

対策と併せて、ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

内集団バイアスとは?

 

自分の所属する集団(内集団)のメンバーを、それ以外の集団(外集団)より肯定的に評価したり、好意的に感じたりする心理傾向。

 

  • 国別
  • 出身学校別
  • 部活・サークル別
  • 年代別
  • 出身地別

 

例えば、上記。

 

内集団に親愛が湧くのは自然ですが、それが贔屓となると問題です。

 

内集団バイアスが強まると、内集団を過剰に持ち上げ、外集団への偏見・差別につながっていきます。

 

スポーツのダービーマッチが良い例

 

この際、外集団は「均一的な思考」を持つとして、杓子定規的な判断をしてしまう傾向にあり、これを「外集団同質性バイアス」と呼びます。

 

東京の人は冷たいなど

 

  • 過去に所属していた
  • 正式には加入していない(所属していたと感じる)
  • 内集団を贔屓をしても、ほとんど意味がない
  • 無作為に分類された

 

上記のような特殊な状況下でも、内集団バイアスが出るケースがあります。

 

【内集団バイアス】対策

 

内集団は競争意識を高め、生産性を上げるというメリットはあります。

 

しかしながら、内集団を贔屓しては、現状把握や意思決定を誤る可能性が高いといえるでしょう。

 

対策は以下の4つになります。

 

グループをまとめる

 

敵対する集団を統合して、内集団にする。

 

協力させる

 

お互いに協力しなければ、解決できない問題をつくる。対立しては、課題を達成できません。

 

昨日の敵は今日の友

 

内集団の利益を優先する

 

内集団バイアスと、強い関連性があるのが利害関係です。

 

パイを奪い合うのではなく、いかにパイを増やすかを考えさせます。

 

集団単位から個人単位へと目を向ける

 

その集団を構成する1人1人にも同じ感情があり、価値基準で行動していると意識する。

 

その際は、選択的に相手の情報を取集したり、共通点を探ると良いでしょう。

 

確証バイアスに陥らないようにする

 

 

【内集団バイアス】まとめ

 

自分の所属する集団に、居心地やアイデンティティを抱くのは自然なこと。

 

しかしながら、それが過剰に強まり、表立った差別や偏見につながっては問題になる。

 

どうしても嫌悪感や不快感が湧き上がるのは、避けられない。それでも自分の感情と客観的な判断は切り離しましょう。

 

 

いちいち外集団にネガティブな目線を向けていては、内集団への心理的安全性も感じにくくなります。

 

心の平穏を保つコツが、感情と理性の切り離しです。

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-バイアス, 社会的影響, 自己理解

© 2023 GROUND Powered by AFFINGER5