思考法

【ほんの一握り】生存者バイアスとは?意味と対応策を解説

スポンサーリンク

 

「これはすごい、早速取り入れよう」といった事例の影に潜む、「生存者バイアス」について解説。

 

対応案と併せて、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

生存者バイアスとは?

 

失敗事例を考慮せず、一部の成功(生存)した事例を基準に、物事が判断されること。

 

統計データにおいては、成功者(企業)しか分析されないため、統計的に偏りが出てしまいます。

 

失敗者(企業)はデータとして蓄積されないために、根本的な因果関係が見えてきません。

 

あまりに突拍子もない持論を持ち出されたら、「それはあなただからできた」と言えます。

 

ただ「努力は必ず報われる」。「この勉強法で〇〇に合格した」といった事柄にも生存者バイアスは潜みます。

 

【生存者バイアス】戦闘機の例

 

生存者バイアスを語る上で、よく持ち出されるのが、戦闘機の例です。

 

第二次世界大戦中、戦闘機の「どこを補強するか」について決めるため、帰還した機体を調査しました。

 

研究者たちは、被弾している箇所を重点的に補強しようとします。

 

しかし、事実は逆で、被弾していない箇所を重点的に強化しなければいけません。

 

なぜならここには、帰還できなかった戦闘機が多く被弾した箇所について、見落とされているからです。

 

被弾していない箇所が戦闘では被弾したために、その機体は撃墜されている確率が高いことになります。

 

【生存者バイアス】対応策

 

成功例に触れた際、裏に潜むであろう失敗例や効果がなかった事例を考えましょう。

 

成功という1つの結果には、本人の努力もありますが、周囲の環境、援助もある。

 

運でたまたまそうなったケースもあるかもしれません。

 

  • 同じような事例で失敗した数は?
  • その成功談は特殊事例ではないか?
  • 成功事例のサンプル数は多いか?(偶々かもしれない)
  • 安易に一般化していないか?(街の1人を見て決めつける)
  • 再現性があるか?(また同じ事が起こるか)

 

例えば、上記のように疑うといいでしょう。

 

自分自身、裏の事情は把握しきれないことは重々承知しながら、別の可能性を模索する。

 

そうすれば、「これはすごい」と条件反射的に鵜呑みにすることは減ります。

 

【生存者バイアス】まとめ

 

受験や就職など、一般的に成功事例が世には溢れます。

 

先生やメンターも「〇〇すれば〇〇になる」と上手くいくようにするための方法を挙げていきます。

 

ただそれらの方は成功者(内定を頂いている、学校に合格しているなど)という意味で、生存者です。

 

もちろん参考になる部分はありますが、失敗から学ぶ必要もあります。

 

そのためにも、失敗談や上手くいかなかった経験も聞き出せるといいですね。

 

では、また。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-思考法

© 2022 Less Powered by AFFINGER5