バイアス 自己理解

【結局、こんなものか】インパクトバイアスとは?意味や対処法を簡潔に解説

スポンサーリンク

 

「やる前はネガティブな気持ちが消えなかったが、意外とそうでもなかった」。

 

こんな文言の奥に潜む思考の偏り、「インパクトバイアス」について解説。

 

対処法とあわせて、ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

インパクトバイアスとは?

 

将来経験するであろう出来事に対し、感情の大きさや長さを過大に推測してしまう心理傾向。

 

  • 夢を叶えれば、輝かしい未来が待つ
  • 繁忙期を乗り切れば、不安が消える
  • 定期検診を過度に恐れる

 

例えば、上記。

 

「意外と何とかなった」という経験はなかったでしょうか

 

ある出来事の前に、「これに失敗したらすごく落ち込んで、ずっと引きずるだろうな」と思う。

 

ただ数年経てば、すっかり忘れるか、「そんなこともあったね」と気持ちが軽くなっている。

 

ポジティブな場合はそれほど達成感はなく、幸福感も長くはない。

ネガティブな場合は、それほど悲しみを引きずらず、悲壮感も長くはない。

 

ポジティブな出来事にしろ、ネガティブな出来事にしろ、最終的に「こんなものか」となります。

 

裏を返せば、それだけ想像は膨らみやすい

 

【インパクトバイアス】対処法

 

出来事の前と後の2つの局面で考えてみましょう。

 

出来事前

 

インパクトバイアスを小さくするために出来るのは、後々何が生じるかを見積もることでしょう。

 

何か失敗したら「〇〇になるな」。これは非常に厄介なので、「〇〇しておこう」。

 

何か成功したら「〇〇になる」。その後は必然的に〇〇が必要になるから、「〇〇を準備しておこう」。

 

二手、三手先を読む

 

ある程度「将来に何が起きるか」を予想の範疇とすると、将来の感情を過度に評価することも少なくなります。

 

何かしらの社会的身分になるなら、実際にその身分にいる人について調べておく。

 

すると、ある程度理想と現実のギャップが見えてきます。

 

出来事後

 

一言でいえば、「どう捉えるか」を考えます。

 

「こんなものか」と思ったら、またその感情を味わいたいか、または避けたいかを考える。

 

自分にとってそこまで大きな問題にならないなら、他の物事に注力していく。

 

大きな問題になるなら、そのための具体的行動や回避策を考える。

 

何かしら経験した後では、「その経験を今後どう活かすか」しか行動に移せません。

 

【インパクトバイアス】まとめ

 

どんだけ手を尽くしても、物事はどう転ぶかわからない。後になって出てくる批判や後悔も「結果論」です。

 

批判を過度に恐れるなら、「そもそもしない」という選択肢を考える。それでも「する」と決めたら、批判というリスクも抱え込む。

 

そのように1つ1つ行動を重要なものから決めていけば、将来の影響も受容できるようになっていきます。

 

自分の妄想を少しでも減らすため、自分が目指しているものはどういうものか、解像度を上げていきましょう。

 

知っていけば、妄想をしようにもできない

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-バイアス, 自己理解

© 2022 GROUND Powered by AFFINGER5