バイアス 自己理解

自己奉仕バイアスとは?意味と対策を解説する

スポンサーリンク

 

ついつい他人のせいにしてしまう(他責)の癖がある人は「自己奉仕バイアス」にかかっている可能性があります。

 

  • 意味
  • メリット&デメリット
  • 対策

 

この記事では自己奉仕バイアスについて、上記を解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

 

自己奉仕バイアスとは?

 

自己奉仕バイアスとは、物事が上手くいったときは自分自身の能力、失敗したときは環境や外部要因によるものと思いこむ考え方。

 

上手くいったときは、自分でコントロールできる範囲しか見ていないので、自分の裁量で物事を動かしたと言う。

 

しかし、失敗したときは自分ではコントロールできない範囲ので、そこに責任を転嫁出来てしまいます。

 

物事を自分にとって都合よく解釈する

 

  • テストの点数が良いときは勉強の成果で、悪い時は体調や出題範囲のせいにする。
  • プロジェクトが成功すれば自分の手柄と考え、失敗すればチームメイトや部下のせいにする
  • 成果が出れば自分の努力の結果と考え、成果が出ないと上司の指導のせいにする

 

上記が例。そして、メリット&デメリットとしては、以下が考えられます。

 

メリット

  • 自尊心が保たれる
  • (根拠があるなしに)自信につながる
  • 次のチャレンジに繋がりやすい
 

 

デメリット

  • 反省、内省ができない
  • 他人を正当かつ公平に評価できない
  • 同じような失敗を繰り返す
 

 

【自己奉仕バイアス】対策

 

対策として考えられるのは以下の3つ。

 

  • 客観的判断
  • 他者視点
  • 未来志向

 

順番に見ていきます。

 

自分を客観的に判断する、俯瞰する

 

成功・失敗した要素の洗い出しから、本当に自分のアプローチで、結果が出たのかを考えます。

 

また自分が知らない原因に目を向ける。自分が持っていなかった情報を探し、その裏には「〇〇さんのアシストがあった」「〇〇さんの助言があった」と背景を把握する。

 

自分以外の視点に立つ

 

  • 「自分にその出来事が起こったら」
  • 「自分がその立場だったら」
  • 「自分が第三者だったら」

 

主語を置き換えることで、「確かに〇〇(原因)もあった」と考える視点が立ち上がります。

 

自分が知らない、のっぴきならない理由があったかもしれません

 

将来に目を向ける

 

現状の自分との齟齬を作り出します。

 

高い目標を持ち、その理想像を追い求めることで、自分の過信を軽減できます。

 

自分の現状に不満を作り出せば、胡座をかきません。

 

【自己奉仕バイアス】まとめ

 

バイアス自体は消せません。自尊心を高く保つ心の働きそのものは悪ではありません。

 

大事なのはバイアスがあることが認識した上で、そこから自分に落とし込んで省みることです。

 

他人の責任にするのは簡単ですが、また同じような状況に出くわす、または仕事で降ってくるなら活かした方が後々得です。

 

自分の能力で及ぼしたこと(コントロール内)とどうにもできなかった外部要因(コントール外)、それぞれについて思いを馳せましょう。

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-バイアス, 自己理解

© 2022 GROUND Powered by AFFINGER5