バイアス 自己理解

【被害者を責める理由】公正世界仮説とは?意味や問題点を簡潔に解説

スポンサーリンク

 

「被害者、いじめられる側にも問題がある」。

 

このような意見に見られる「公正世界仮説」について解説。

 

意味や事例、問題点について解説。ぜひ、最後までお読みください。

 

 

 

公正世界仮説とは?

 

人の行いにおいて、結果はそれに見合ったものが返ってくる、と考える信念。

 

良い行いには、良い結果。悪い行いには、悪い結果。

 

人は誰しも自分が住む世界が危険で、不安になるような世界であって欲しくない。

 

理由もなく暴力を振るわれたり、物を盗まれるなど、理不尽な出来事に遭いたくないから。

 

公正世界仮説の基本的な思考

  • 世界が平等で公正である
  • 行動と成果が釣り合う(努力が報われる)
  • 未来は自分の行動次第(コントロール可能)

 

世界が「平等で公正」なら、「将来は不安や危険に満ち溢れている」と、警戒しないですむ。

 

将来もポジティブな出来事に溢れ、期待を寄せることができる。

 

世界公正仮説のメリットは以下の5つ。

 

  • 心の安定につながる
  • 主観的な幸福感、生活満足度が高まる
  • 抑うつ的な感情の減少
  • 目標に向けて努力する傾向が高まる
  • 外向性、協調性が高まる

 

不安や危険がなく、今の行動も無駄にならないから。

 

【公正世界仮説】問題点

 

問題となるのは、理不尽や不合理な出来事と出会ったとき。(世界の安定が崩れたとき)

 

世の中の理不尽や不合理を認める

それでは、世の中が公正で安全ではなくなる

被害者に落ち度やそうなるだけの納得できる理由がある

もしそうなら、自分が蒔いた種であり、公正世界仮説を維持できる

 

× 現実や世界は理不尽なもの、不合理なもの。

○ 犠牲者本人がそのような事態になる理由がある。

 

このような論証に基づかない誤謬を起こします。

 

  • 天罰、因果応報
  • そんな格好で夜に出歩くから
  • 前世の行いが悪かったから

 

例えば、上記。

 

そして、犠牲者本人に何か非があるような、被害者非難につながります。

 

度を越すと、自己責任論や差別、偏見につながるでしょう。

 

このような人は、相手に対して状況や環境などの外的要因ではなく、性格や気質などの内的要因を過大に評価しているともいえます。

 

 

第三者の立場なら、被害者の苦しむ様子を見て何もできない自分を正当化。

 

加害者当人であれば、原因を相手の落ち度とすることで、自分の行為を正当化します。

 

【公正世界仮説】まとめ

 

「努力が報われる」は、努力という苦痛を今現在行っている自分を正当化する。

 

「正義は勝つ」は、悪事が蔓延ると不安で、危険が潜む可能性を考えたくない。

 

公正世界仮説は1つの強力な思い込みですが、「将来はどうにもならない」と悲観的になることを防ぎます。

 

毒にも薬にもなる。

 

ただ被害者避難で相手を突き放すことは、物事の根本的な解決を放棄しています。

 

現状、問題に直面しているなら一緒に解決策を模索していく。そうすれば、自分も相手も前に向かって進んでいけます。

 

「世界は平等で公正である」を絵空事で終わらせるか、一歩でもそのようにしていくか。

 

具体的行動で、より自分にとって住みやすい生活を構築していきましょう。

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-バイアス, 自己理解

© 2022 GROUND Powered by AFFINGER5