社会的影響 自己理解

【印象操作】シャルパンティエ効果とは?意味と効果、対策について解説

スポンサーリンク

 

見せ方を変えるだけで、相手に与える印象を劇的に変える「シャルパンティエ効果」について解説。

 

この心理効果は日々スーパーなどで目にするものでもあります。

 

意味から効果、対策まで解説。ぜひ、最後までお読みください。

 

 

 

シャルパンティエ効果とは?

 

重さの感覚が視覚的な大きさの影響を受けた結果、重さが同じでも体積の小さいほうが重く感じられる心理効果。

 

一言でいえば、頭のイメージで重さの判断が変わってしまうこと。

 

例えば、同じ重さでも、「綿」と「鉄」では後者を「重い」と錯覚してしまう。

 

由来は、フランス人医師のオーグスチン・シャルパンティエが大きさと重さの錯覚についての実験から。

 

  • レモン100個分(多く配合されていそう)
  • 1日あたりたったの80円(年換算にすると高いと思われてしまう)
  • コーヒー1杯分(それぐらいなら)

 

例えば、上記のように表記することで、相手に与える印象を変える。

 

主にマーケティングやセールスコピーに使われます。

 

【シャルパンティエ効果】活用方法

 

活用方法は大きく分けて3つ。

 

  • 大きな数字を使う(効果、効き目が高い)
  • 分割する(安く見せる)
  • 身近な例えを使う(イメージさせる)

 

順番に見ていきます。

 

大きな数字を使う(効果、効き目が高い)

 

数字の表記を大きくする

 

例えば、2g配合より2000mg配合と表記する。2倍より200%上昇と表記する。

 

節約効果の強調

 

1日あたり100円より、1年で36500円の節約につながると表記する。

 

後者の方が、より「節約効果が高い」という印象を抱かれます。

 

分割する(安く見せる)

 

桁を下げる

 

1000円より980円、10000円より9999円と表記する。

 

または桁は同じでも8000円から7980円で位を変えて、安い印象を抱かせます。

 

2段階割引

 

80%OFFと70%OFF、レジにてさらに10%OFFの2つ。

 

後者の方がより「割引」しているというイメージを持たれ、お得感を演出されます。(実際は77%)

 

身近な例えを使う(イメージさせる)

 

  • 東京ドーム○個分
  • 1日分の野菜
  • 100人乗っても大丈夫

 

例えば上記。

 

基本的に人は理解できなければ、リスクを取りません(わからないものには手を出さない)

 

イメージできないものに積極的に関与しようとは思わないので、売る側は「なんとかイメージを持ってもらおう」と四苦八苦します。

 

【シャルパンティエ効果】対策

 

事実と思い込みの切り離しが有効です。

 

言い換えで、より想像できるイメージを伝えてくれるのはいいが、「〇〇そう」は別に事実ではありません。

 

売り込み側は、結局どのくらいあるかわからないか「少なそう」とは思わせない。何となく「多そう」と思わせる。(好印象を持たせる)

 

事実→自分の思い込み→判断・行動

 

この3ステップ自体は変えられないとして、最初の事実が本当にお得か、効果が高いのかは、競合との比較が必要でしょう。

 

「〇〇そう」は直感的な判断で、すぐに取り出される思考です。

 

一拍置いて判断すれば、「想像と全然違った」と後悔も少なくなるでしょう。

 

【シャルパンティエ効果】まとめ

 

シャルパンティエ効果とは、重さの感覚が視覚的な大きさの影響を受けた結果、重さが同じでも体積の小さいほうが重く感じられる心理効果。

 

広告やセールスコピーを見た際、その文言に対して印象を持ってしまうのは避けられません。

 

ただ、その後「だからどうした」とメタ的に自分の思考に客観性を持たせられれば、その後の行動を理性的なものにできます。

 

「衝動的にでも行動する」が後々どうなるか誰にもわかりませんが、最低でも「リスクはあるか」を考えるといいでしょう。

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-社会的影響, 自己理解

© 2022 GROUND Powered by AFFINGER5