社会的影響 自己理解

【かえって逆効果】ブーメラン効果とは?意味と対策を解説する

スポンサーリンク

 

「勉強しなさい」と親に言われれば言われるほど、「誰がするものか」と思う経験はないでしょうか。

 

そんな「やりすぎると逆効果になる」心理的作用、ブーメラン効果について解説。

 

対策と併せて、ぜひ最後までお読みください。

 

ブーメラン効果とは?

 

ブーメラン効果とは、ある行為をすればするほど、相手に反発されて逆効果になること。

 

  • 説得すればするほど従わない
  • 説教すればするほど行動が直らない
  • 宣伝すればするほど効果が低くなる
  • 褒めれば褒めるほど否定する
  • 好意を示すほど嫌われる

 

例えば、上記。

 

ブーメラン効果が起こる理由は、一言でいえば、自分の自由が奪われるから。

 

このときの自由は、自分の意見を言うこと、行動を選択すること、自分の価値観や信念を主張できることなど多岐にわたります。

 

それらが封じられようとすれば、反発したくなるのは必然といえるでしょう。

 

私たちは自由が脅かされたり、奪われたりと感じると、必死に回復しようとします。

 

これを心理的リアクタンスと呼びます。

 

恋愛では、追うほど、逃げられます。

 

政治では「清き1票を」と言うほど、票が投じられません。

 

ビジネスシーンでは自社が支援した会社が将来、自社のライバルとなってしまうことが考えられます。

 

【ブーメラン効果】対策

 

〇〇すればするほど、相手が遠のくならどうすればいいの?

 

押してダメなら引いてみる

 

対策として考えられるのは以下の3点。

 

  • 主導権はあくまで相手に持たせる
  • 妥協案を模索する
  • 信用度、親密度を高める

 

順番に見ていきます。

 

主導権はあくまで相手に持たせる

 

相手に「自由が奪われている」と感じさせるなら、「あくまで選択の主導権はあなたにある」「我々はあなたの自由を奪う気はありません」と示す必要があります。

 

例えば、あなたは今の相手の現状を肯定する。

「いやいや、そんなことはありません」と謙遜される。

「何かお困りですか」と相手の悩み、障害を聞き出す。

相手が答える。

こちらが悩み、障害を解決できることを示す。

 

一連の流れは、自分が相手に合わせる形で行われています。

 

自分からは主張せず、あくまで課題解決側に徹する。

 

相手に選択の自由を与え、意思に任せる姿勢を忘れないように注意しましょう。

 

相手にセルフコントロールを持たせる

 

妥協案を模索する

 

相手の背景、事情を考えます。例えば勉強なら

 

  • 勉強する意味がわからない
  • ゲームの方が楽しい
  • 偏差値ばかり求められるのがうざい

 

上記のような理由が考えられます。こちらの妥協案としては

 

  • 〇〇分勉強したら、〇〇分ゲームしていい
  • 勉強すると、ゲームの背景知識がわかるので、よりゲームが楽しくなると伝える
  • 偏差値だけでなく、頑張りを見る

 

こちら側も妥協できる点は妥協して、折衷案を考えます。

 

相手が行動しない理由は、こちら側にも何か理由があるかもしれません。

 

自分の中でどこまで最低ラインで、「ここまではしてもらいたい」という射程を考える。

 

自分が押し付けられたら、反発する。なら相手も同じ。

 

過程が二の次でいいなら、とにかく行動してもらえる手立てを考える方が建設的です。

 

信用度、親密度を高める

 

相手を信頼していればいるほど、ブーメラン効果は低減します。

 

これは感情ヒューリスティックと呼ばれるもので、相手への好き嫌いの感情で、意思決定が行われます。

 

相手に好意があると、例え行動変容を促されても、反発する気持ちが薄れます。

 

【ブーメラン効果】まとめ

 

自分のある主張が通じないなら、別の施策を考えるといいでしょう。一方的な主張は、今回紹介したブーメラン効果に繋がります。

 

相手が「自分の主張のどこが気に入らないのか」を考えるだけで、十分物事は進展していきます。

 

もしかしたら自分の主張がそこまで意固地になるのも、何かバイアスにかかっているかもしれません。

 

自分の主張の根拠をしっかりと考えると、意外と自分に落ち度があるかもしれませんね。

 

では、また。

 

スポンサーリンク

-社会的影響, 自己理解

© 2022 GROUND Powered by AFFINGER5