ノウハウ

FIREとは?意味はもちろん、具体的金額やその後も解説する

スポンサーリンク

 

FIREという言葉をテレビかなんかで見た。

「働かないでいい」なんて本当なの?

 

こんな疑問に答えます。

 

こんにちは、かわしんです

 

この記事では

 

  • FIREの意味
  • FIRE達成のための目安となる資産額
  • FIREの平均年齢
  • FIREのその後
  • FIREの始め方(ざっくりとした)
  • FIREに向いている人

 

以上を解説しています。

 

ぜひ、最後までお読みください。

 

FIREとは?

 

FIREとは、「Financial Independence, Retire Early」の略。

日本語で経済的自立と早期退職を指します。

 

支出を最低限に、収入の大部分を投資元本に回す。

そして複利の力を使い、資産を増やし、配当で生活を賄う。

 

資産運用を中心としたライフプラン

 

種類としては

 

  • 節約型(月々の生活費10万円以下で良い)
  • サイドFIRE(ある程度稼いで、ある程度遊ぶ)
  • 地理的アービトラージ型(物価の安いところに住み、リモートで稼ぐ)

 

例えば上記。

 

FIREの目的は「リタイア後の悠々自適な生活」というよりは、「夢や自分のやりたいことに集中するため」

 

生活費を考える必要がなくなり、「生きるための労働」から開放されます。

 

仕事を好きな方もいて、FIRE後も続けています

 

いくら必要なの?最低資産は1億円?

 

FIREムーブメント発祥の地であるアメリカでは、FIRE開始時の資産額を「年間支出の25倍」とすることを指標にしています。

✗平均年収の25倍。

 

月々の生活費10万円→年間120万円。25倍で3000万円。

月々の生活費20万円→年間240万円。25倍で6000万円。

月々の生活費30万円→年間360万円。25倍で9000万円。

 

このような計算になります。

 

そして支出額には「4%ルール」というものがあります。

 

4%ルールとは

米国のトリニティ大学の博士が研究した金融理論。

生活費が投資元本の4%以内ならば、資産を減らせずに生活できるとする。

 

(4%の4はアメリカの株の平均利回り7%からインフレ率の3%を引いています)

※インフレ率や経済成長率などに左右される

 

ただし日本のインフレ率は低水準。1〜2%で考えていいでしょう。

 

そうすると「年間支出の17〜20倍」で済みます。

 

切り詰めていけば数千万円でも可能

 

FIREはどの世代から?平均年齢は?

 

FIREムーブメントは欧米のミレニアル世代(1981年〜1996年生まれ)で流行っています。

ここから計算すると年齢は25歳から40歳になります。

 

しかし、この年齢からFIREを達成するには難しい。

 

サイドFIREが関の山

 

先程の4%ルールでは資産運用の目安は30年以上。

単純に働き始めて、50歳代で達成する計算になります。

 

早い段階でFIREを達成したいのであれば、収入の大半を投資に回しましょう。

 

自由になった後、どうするの?

 

何をするにしても自由ですが、仕事以外のコミュニティが必要になる方が多い。

 

1人だと、寂しいので

 

また完全にリタイアすると

 

  • 完全に利回りや資産のみの生活で不安
  • 社会との関係が希薄になる(必要とされなくなる)
  • 時間を持て余す可能性が高い

 

以上のデメリットが考えらます。

 

あくまで「生活のための労働」から開放されるので、働くこと自体は個々人の自由です。

 

何に時間を使うかは自由なので、

しっかりと自分の欲に向き合わないといけないかもしれません

 

FIREの始め方

 

まずはFIRE達成後の月々、年間の生活費でいくら欲しいのかを計算して、25倍しましょう。

その金額が目標額です。

 

最低、月何万円で生活出来るかの把握はFIREに限らず大切です

 

次に思い浮かぶのは、「元手が必要」ということです。

 

お金の増やし方については

 

  • 節約・貯金をする
  • 収入を増やす(転職・昇進)
  • 収入源の多様化(副業・兼業)

 

例えば上記。

 

まず誰でもできることは「節約・貯金」でしょうか。

特に貯蓄額、貯蓄率を考えましょう。

 

稼ぎが月100万円あっても、月80万使っては手元に20万円。

月の稼ぎが30万でも10万円で生活できれば手元に20万円。

同じ20万円です。

 

貯蓄率は年間貯蓄額÷手取り年収で考えます。

詳しくは下記のグラフを御覧ください。

 

 

(引用:ダイヤモンド・オンライン

 

得られそうな投資リターンと自分が妥協できる貯蓄率から、おおよそのリタイア年数がわかります。

 

いくら稼ぐかではなく、いくら貯めるか

 

ただし手段の前に1つ。

いちばん重要なのは「何のためにFIREを達成したいか」を考えること。

 

確固たる理由なしに、何千万の貯金を成し遂げることは不可能。

 

理由は仲間と事業するもよし、世界中を旅するもよし。

何にせよ、「なぜFIREしたいのか」がないと続けられません。

 

まとめ

 

以上、FIREについてまとめてきました。

この記事から、向いている人と向いていない人を区別すると

 

向いている人

贅沢志向や物欲を持たない方(貯蓄率を高められる)

貯蓄と節約が苦にならない方

株の暴落、運用益の低下など不測な事態にも動じない方(リスクは避けられない)

 

向いていない人

特にやりたいことがない方(FIREする理由がない)

サラリーマンの生活や今の仕事に満足している方

 

ここで、じゃあ「かなり節約して貯蓄率をあげよう」と思った方もいるかもしれません。

 

FIREムーブメントの第一人者であるグラント・サバティエ氏は、FIRE達成に向けて住居や食費などの大きな固定費の削減を推奨しています。

 

ただ同時に「支出を切り詰めるより収入を増やす方が影響力は大きい」として、投資に回すお金を増やすことも提言しています。

 

どちらも必要ですね

 

何にせよ、まずは投資をするための証券口座が必要なので、登録をオススメします。

※SBI証券と楽天証券が2トップ

 

以下、オススメ書籍の紹介です。

 

【FIREについて学べるオススメ書籍】

※上からオススメ

 

 

 

 

 

【賢く貯めるためにまずは読むべき本】

 

 

では、また。

 

 

スポンサーリンク

-ノウハウ
-

© 2022 Less Powered by AFFINGER5