ミニマリズム

【贈り物、プレゼントを捨てれないあなたへ】問いたい2つのこと

スポンサーリンク

プレゼント

 

プレゼントや贈り物を捨てれない方に向けて

少しでも手放せるように、この記事を書きました。

 

私はこのことを知ってからプレゼントや贈り物に対し、

捨てれない罪悪感が消え、

手放すことに気持ちが軽くなりました。

 

ぜひ、最後までお読みください。

 

2つのこと

プレゼント 贈る

 

結論からいうと

 

捨てたいと思った時点でそれは必要ですか?

 

自分がプレゼントした贈り物で相手が苦しんでいたら、

あなたはどう感じるだろうか?

 

この2つです。

 

捨てたいと思った時点でそれは必要ですか?

あなたが物を「捨てたい」と思うときは

どんなときでしょうか?

 

純粋に邪魔だ、必要なくなったと思うときでしょう。

 

プレゼントや贈り物を手放したくなったときは

無意識にそのことを思っているということです。

 

それに対し、毎日使う

 

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ

 

これらをそもそも

「捨てよう」と思うことがあるでしょうか?

 

プレゼントや贈り物は

実用的なものに限らないのでは?

 

「捨てたい」と思ったということは

どこかに置くという選択肢も嫌だということ

 

どこかにしまっておくという選択肢もありますが、

それは「その場所に捨てている」

ということになります。

 

自分がプレゼントした贈り物で相手が苦しんでいたら、
あなたはどう感じるだろうか?

 

これはミニマリストしぶさんの著書

『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』

にて書かれていた1文から。

 

時間が経つにつれて、

もらった人の嗜好と自分の嗜好

合わなくなっていくのは当然のことといえます。

 

  • 手放せない
  • 捨てるに困っている
  • 誰かに譲りたい

 

自分があげたプレゼントで

相手がこのようなことを思っていたら

心苦しいのではないでしょうか?

 

事実、ハーバード大学のフランチェスカ・ジーノと

スタンフォード大学のフランク・フリンが行った

被験者をアマゾンの贈り物を送る、

もしくは受け取るに分けた実験では

 

贈る側は「独自の贈り物をするほうがいい」と考えたのに対し、

受け取る側は「欲しい物リスト」にある贈り物を好みました。

 

そもそも、プレゼントの好みが違う傾向にあるのに

そのせいで苦しむ羽目になっているといえます。

 

まとめ

プレゼント 贈り

 

プレゼントの本質をそもそも考えると

相手の気持ち(感謝など)を品物と一緒に受け取って、

これからも関係を続けていきましょうという意思表示です。

 

そこが達成されたのであるならば、手放してみても

「罪悪感が拭えない」

ということにはならないのではないでしょうか?

 

そうはいっても「綺麗事で捨てられないよ」というあなた。

「プレゼントや贈り物を集めて、一回見渡してみましょう。」

 

「予想以上に多いな。面積を使うな。」

 

そうなれば、手放すサインです。

 

では、また。

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム
-

© 2022 Less Powered by AFFINGER5