ミニマリズム

【人生訓】『ぜんぶ、すてれば』【書評】

スポンサーリンク

 

中野善壽さんの著書

ぜんぶ、すてれば

についてご紹介します。

 

こんにちは、かわしんです

 

この本でわかること

現代を前向きに、楽しみながら生きるためのヒント

 

こんな方におすすめ

自分の軸や個を確立したい方

自分の生き方に正直になりたい方

愛社精神を持たない方

 

この記事では、本の要点や自分が伝えたいと感じたポイントをご紹介します。

 

ぜひ、最後までお読みください。

 

この本はどんな本?

本

 

中野善壽、七十五歳。 伊勢丹、鈴屋で新規事業の立ち上げと海外進出を成功させる。 その後、台湾へ渡り、大手財閥企業で経営者として活躍。 二〇一一年、寺田倉庫の代表取締役社長兼CEOに就任。 大規模な改革を実施し、老舗の大企業を機動力溢れる組織へと変貌させる。

引用:『ぜんぶ、すてれば』

 

中野さんの根幹にあるのは「何も持たない」こと。

 

家や車、時計は持たない。お酒もタバコも嗜まない。

お金も若い頃から、生活に必要な分を除いてすべて寄付。

 

何も持たないからこそ、 過去に縛られず、未来に悩まず、 今日を大切に生きることができます。

 

自分の直感を信じ、個に立って生きる

シンプルに立ち戻って、本質を見出すための削ぎ落としに長けている

 

そんな中野さんの哲学を短い言葉と文章にまとめ、さらに影響を受けた人物のインタビューがまとめられている本になります。

 

 

この本の要点

要約

 

今日を生き、今日できることは、今すぐやる。

今日がすべて。 颯爽と軽やかに、ぜんぶ捨ててみては。

 

根底にあるのはこの考え。

中野さんが何より伝えたいのは、「今日がすべて」という言葉。

 

情報が多く、将来や周りの人も気になる時代において、 「今に集中する」のはどんどん難しくなっているのかもしれません。

 

しかし、事実として、夢中になって楽しむことができるのは今しかない。

確かに味わうことができる今日に集中して精一杯楽しむ。

 

だからこそ、中野さんは「今日できることは、今日のうちやる。今すぐやる。」

そんな姿勢を持っておられます。

 

「何から先にやればいいのか」なんて考えなくていい。

思いついた順に、なんでもすぐやれば、後悔することはありません。

 

以上がこの本の個人的要点です。

 

ここだけは「考え」として理解していないといけません

 

この本の紹介ポイント

ポイント

 

私がこの記事で、あなたに紹介したいポイントは以下の3つ。

 

  • 準備万端の日は一生来ない
  • 極上の遊びは頭の中にある
  • 死ぬまで働きたい

 

順番に紹介します。

 

準備万端の日は一生来ない

 

「まだ準備できていない」

 

そんな言い訳をする人に向けて、中野さんは「そんな日は一生やってこないと思ったほうがいい」と仰っています。

 

何かを気にするよりも大事にすべきなのは、自分に嘘をついていないか

 

「できることは精一杯やってきたか?」と自分に問いかける。

そして嘘がなければ、思い切ればいい。

 

挑戦に臆している人にとって非常に響くお言葉です。

 

事実それなりに失敗はあるかもしれませんが、

充実した人生を歩むことができるのではないでしょうか。

 

極上の遊びは頭の中にある

 

現実世界で出来上がっているものや既製品では、自分から作り出す自由を奪われる。

 

中野さんにとって最高の遊びは、「自分の頭の中で心置きなく想像をめぐらせて、自分だけの世界をつくること。

 

すべてが用意されたり、正解として教えられるもの。

それを使う満足感もそれはそれでいいですが、余白があって空想が掻き立てられるもの。

こちらも良いものではないでしょうか。

 

その例として思いついたのが、「エヴァンゲリオン」

本編そのものももちろん面白いですが、考察する余白も作品の魅力です。

 

空想や頭の遊びに、実物はいりません

 

死ぬまで働きたい

 

人生100年時代と年金受給年齢引き上げ。

もはや労働期間が長くなるのは確定しているかもしれません。

 

そんな中、「死ぬまで働きたい」とこぼす中野さん。

その理由は、自分を保ち、毎日を楽しむため。

 

誰かに頼らずに仕事が出来る限りは続ける。

公園の掃除などの小さな社会貢献をしていく年寄りはかっこいい。

 

「自分を保ち、毎日を楽しめる」

そんな仕事を見つけて続けることは難しいかもしれませんが、探求する姿勢は忘れないようにしたいですね。

 

【ぜんぶ、すてれば】まとめ

 

以上、中野善壽さんの著書

ぜんぶ、すてれば

についてご紹介しました。

 

今日というこの一瞬を全力で楽しむための「ぜんぶ、すてる」

縛られて、行動できないならば手放す。

 

強烈な個と軸がなければ難しいかもしれません。

 

しかし、自分の無力さを自覚し、他人を認めて任す。

それは誰でも出来るのではないのでしょうか。

 

この本は、今までのあなたの行動や考え方に影響を及ぼします。

特に「何かもやもやしている方」におすすめしたい。

 

では、また。

 

 

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム
-

© 2022 Less Powered by AFFINGER5