ミニマリズム

ミニマリストが用意できる「冷蔵庫の代わり」を紹介する

スポンサーリンク

 

冷蔵庫の必要性が低い。それでも食材の保存をしたいときもある。代わりの選択肢は何かないかな?

 

こんな疑問に答えます。

 

こんにちは、かわしんです

 

冷蔵庫を断捨離するにあたって、代わりとなるようなモノをこの記事では紹介しています。

 

先に個人的ベストを挙げておくと、「ミニ冷温庫」です。

 

 

「モノを所持しなければならない」というデメリットを許容できれば、一番メリットが多いと判断しました。(理由は後ほど)

 

ぜひ、最後までお読みください。

 

「冷蔵庫の代わり」の選び方

 

チェックするポイントは以下の3点。

 

  • 容量
  • 手間の少なさ
  • 金銭面

 

ただ、まずは自分が必要とする量、種類の把握が先決です。

 

  • 1食に必要な量とメニューの食材は何か
  • そもそも食事をある程度固定できるか(そのほうがラクではあります)
  • 数日の備蓄をしたいか(使い切るか)
  • アイスや冷凍食品を保存したいか(その場合は要冷蔵)
  • 常温の飲み物で我慢できるか

 

例えば上記。

不必要な機能や大きさを選んでしまうと、家庭用冷蔵庫よりは金銭的ダメージは少ないですが、所有コストがかさみます。

 

容量で選ぶ

 

大きさはもちろん、棚の段数や自分が飲むペットボトルが入るかどうかもチェック。

面倒ですが、いつも買う食品をピックアップして寸法を測れば、失敗は少なくなります。

 

金銭面で選ぶ

 

  • 電気代
  • 所有コスト(保管スペースの確保)
  • スーパーに行く、または頻度の多さで失われる時間
  • 手間の多さ(余計に時間がかかる)

 

時間と金銭は通常、トレードオフの関係になるので、目に見える「電気代」だけに踊らされないように注意。

 

ストレスで選ぶ

 

掃除や処分といった、わかりやすいストレスはもちろん、「常温で保存できる食材か」「菌が繁殖しないか、そのために涼しい場所で保管しなければならないか」といった精神的なものもあります。

 

どちらを許容できるかによって重要度は変わります。

 

自分はいちいち考え事をしたくないので、電気代を払います。

 

【モノ】冷蔵庫の代わり

 

何かを所持する場合、考えられる選択肢は以下の4つ。

 

  • ミニ冷蔵庫(ダウンサイジング)
  • 冷温庫
  • クーラーボックス
  • 保冷バッグ

 

順番に見ていきます。

 

ミニ冷蔵庫

 

今まで家庭用冷蔵庫を使用していた人や「そんなに容量が必要ないかな」と思い始めたような人が該当します。

 

「冷蔵庫を手放すこと」はデメリットが生まれますが、ダウンサイジングは基本的にメリットしかありません。上記の選び方を参考に選ぶことをおすすめします。

 

冷温庫と比べて、冷凍食品やアイスを保管したい人に向いています。

 

冷温庫

 

最初に書いた通り、ベストな選択肢と思えるのが「保温庫」です。

 

冷温庫とは?

保冷も保温も可能な電化製品。スイッチで温度を切り替えられ、夏冬の時期にも食品の保管を最適に行える。

 

冷蔵庫との違い

冷蔵庫はモーターを使って冷却する「コンプレッサー方式」なのに対して、冷温庫は電流によって冷却・加熱を行う「ペルチェ方式」が採用されています。 そのため、冷温庫は稼動音が小さいものの、保冷効果はあまり高くありません。 ほとんどの商品が氷点下までは冷えないので、冷凍食品・アイスの保存には不向きです。

 

引用:冷温庫のおすすめランキング16選|電気代は安い?【ハイコーキ・ツインバードも】

 

食品をキンキンに冷やしたり、熱々にしたりといったことはできませんが、今の温度を維持することができます。

 

食事の際(多くは1食分)に必要とする量と種類を完璧にカバー。

 

  • キムチ
  • 納豆
  • ヨーグルト
  • R-1

 

例えば上記。常温でも問題なくはないですが、どうしても菌の繁殖や匂いが気になる。気にならなくても、「気をつけなくなくてはならない」が悩みとして出てきます。

 

家庭用冷蔵庫の「腐ってしまった(使いきれなくて)」と同じ悩みを抱えては、何のための断捨離か意味がわかりません。

 

コストも自炊や将来の健康にかかる医療費、個包装での割高料金の回避で、回収可能です。

 

ボタンやディスプレイ、ロゴが小さいモノを選ぶとごちゃごちゃしないのでおすすめ。

 

クーラーボックス

 

多くは釣りやキャンプで使用される「クーラーボックス」も選択肢の1つです。

 

電気代がかからず、手放すのも冷蔵庫に比べてラクですが、保冷剤や氷が必要になります。

 

氷はスーパーで無料で用意できますが、買い物袋+氷の重さを運ぶのはしんどいし、「身軽」にほど遠い。

 

また、金銭的にも得は少ないです。(スーパーに出向く時間と、保冷剤を入れる手間)

 

保冷バッグ

 

クーラーボックスに比べ、コンパクトに折りたためますが、保冷能力は低くなります。効果を長続きさせるには、こちらも保冷剤が必要になります。

 

保冷能力は4〜6時間。日を跨ぐ程度しか出来ません。基本的には1日で食べ切ることが前提です。

 

【モノ以外】冷蔵庫の代わり

 

考えられる選択肢は3つ。

 

  • 街を有効活用する
  • 1日で使い切る
  • 常温食材のみにメニューを絞る

 

順番に見ていきます。

 

基本的には「冷蔵庫なしでどう過ごすか」に焦点が絞られます。

 

街を有効活用する

 

外食やスーパーを活用する方法です。

 

  • スーパーの近くに住む(何回も行くことを厭わない)
  • 多くの定食屋やレストランが周りに存在する
  • 行きつけをローテンションできるような場所に住む

 

自炊をしない、都市部に住んでいる人が比較的に対象となるでしょう。

 

1日で使い切る

 

毎日スーパーに行くことを厭わない人が対象。帰り道にふらっと立ち寄れればベスト。

 

散歩がてらに出向くのもいいでしょう。ただ、そこでだらだら時間が過ぎてしまう(目移りする、混む)なら、見直す価値が出てきます。

 

常温食材のみにメニューを絞る

 

冷蔵品(アイスや冷凍食品)を購入しないのも手。「冷凍食品は割高だし、アイスもたまにでいい」というような人は向いています。

 

上記の「1日で使い切る」と重なる部分は多いと思います。

 

【冷蔵庫の代わり】まとめ

 

選択肢は以下の7つでした。

 

  • ミニ冷蔵庫(ダウンサイジング)
  • 冷温庫
  • クーラーボックス
  • 保冷バッグ
  • 街を有効活用する
  • 1日で使い切る
  • 常温食材のみにメニューを絞る

 

ただ、繰り返しになりますが、自分が必要とする量、種類の把握が先決です。

 

この作業がなければ、「ベストなサイズ感」を選びようがありません。デザインやロゴ、ディスプレイなどは二の次です。

 

冷蔵庫は家具と同じく、処分や引っ越しに手間取ります。自分に必要なサイズ感を知るだけでも、決して損はないはずです。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム

© 2022 Less Powered by AFFINGER5