ミニマリズム

【自分はあり】ミニマリストがハイブランドについて語ります

スポンサーリンク

 

ミニマリストってハイブランドを持っているの?

ハイブランドについてどう考えているの?

 

こんな疑問について答えます。

 

こんにちは、かわしんです。

 

断捨離を経て、持ち物に向き合い、日々アップデートしています。

 

ミニマリストってあまりブランド品を持っていないし、

好意的に思っていないイメージはないですか?

 

確かにハイブランド=多機能、実用的とは限らないので、

シンプルでコスパがよいものを選びがちであることは否定しません。

 

ハイブランドに対してどのようなイメージを持ち、

「嫌悪感」ともいえるどこか毛嫌いしている感情について考察します。

 

ミニマリストがハイブランドを持たない理由

 

大きく分けて2つ。

 

欲しいと思えない

見栄を張ることに興味がない

 

欲しいと思えない

ハイブランドのメリットは

 

  • 持っているだけで価値がある
  • 価値が長持ちする
  • 安心感があり、大事に扱う

 

というもの。

 

これに対しミニマリストは

 

  • シンプルなもの
  • ミニマムでコンパクト
  • 多機能

 

このような属性を好みます。

 

もちろん、互いのメリットを好むこともありますが、

判断基準が少々違うかもしれません。

 

見栄を張ることに興味がないから

ミニマリストは

「他人からどう見られるか」より「自分がどうあるべきか」

を重視する傾向にあります。

 

誰もがロゴを知るハイブランドを持っていることで

 

他人から羨望や賞賛を集める。

 

もしくは「馬鹿にされたくない」

「みすぼらしい生活はしていない」

 

このようなアピールをすることにあまり興味がありません。

 

自分が本当に長く使えて、愛情を注げる物を所有する。

そこに値段は関係ありません。

 

ハイブランドについて個人的見解

 

タイトルにある通り、自分は全然問題ないと思います。

 

理由は自分が気に入ったものに

ブランド、値段は関係ないからです。

 

例えばROLANDさん。

 

スーツは「ハンツマン」、ソファーは「カッシーナ」

ハイブランドである一方で

 

化粧水や、やかんは「無印良品」と

一般的には「ハイブランド」といわれるものを使っておりません。

 

 

市場価値で反映される「値段」

あなたが感じる「払っても良い値段」

は必ずしも一致しているとは限りません。

 

「この機能、デザインならもっと高くてもよくない?」

このような事を思ったこと、一度はあるはずです。

 

「ハイブランドだから買う」

「これをもっておけば馬鹿にされない」

無条件かつ、見栄でハイブランドを買うのではなくて

 

自分の軸と好みをしっかりと把握し、

「この物でなければダメ」といえるくらい

買う理由を列挙できるものを選ぶ。

 

その結果がハイブランドのものであれば、

特に問題はないのではないでしょうか?

 

「なぜこの物を選んだか」が大事

 

まとめ

 

「ハイブランド」の定義は人それぞれ。

 

普通にその物(財布やバッグで)を買うのに

お金がいらない、5万円や10万円を要求される。

 

これが「ハイブランド」の定義であるならば

パソコンに10数万円、イヤホンに3万円かけている私も

「ハイブランド持ち」といえるかもしれません。

 

自分にとっての必要最低限を見極め、

どこまで機能、オプションをつけるか

 

このことを徹底するだけで

 

あなたが長く愛せるもの

持つだけで幸せな気分が長く続くもの

 

こういったもので囲まれる生活を実現できます。

 

まずは、身の回りのものを

「なんでこれを買ったのだろう」

見つめ直すことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

私もまだ、道半ばです

 

では、また。

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム

© 2022 Less Powered by AFFINGER5