ミニマリズム

【書評】『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』

スポンサーリンク

手ぶらで生きる

 

ミニマリスト「しぶ」さんの著書

『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』

についてご紹介します。

 

こんな方におすすめ!

「ミニマリスト」を知りたい方

「ミニマリスト」を実践したい方

物が多く、物欲が抑えられない方

 

この本の要点や自分が伝えたいと感じたポイントをご紹介します。

 

『手ぶらで生きる』はどんな本?

本

 

「より少なく、しかしよりよく生きる」

 

最小限のお金と物で生きることで見える景色を日々探究し、

『手ぶらで生きる』方法を紹介している本になります。

 

ここでいう『手ぶらで生きる』とは?

それは「雑念がない状態」を指します。

 

雑念は以下5つ。

  • お金
  • 時間
  • 空間
  • 管理
  • 執着

 

この雑念をできるだけ考えないことが

「手ぶらで生きる」ということ。

 

  • 暮らし
  • 時間
  • 思考

 

この5つを自由にすることで、達成に近づいていくことができます。

 

『手ぶらで生きる』要点

ポイント

 

ミニマリズムの本質は、ある1点を目立たせるために

他をそぎ落とす「強調」にある。

 

日々の生活であなたが感じる「無駄」を無くし、

自分にとって大切な「強調」したい部分を知る。

 

そうすると、「必要最小限」で暮らすことができる。

 

見栄っ張りでクズだった著者を大きく変えた「ミニマリズム」。

 

本の内容を参考にして

あなたにとって、最適な「ミニマリズム」を確立して欲しい。

 

以上が私が感じた要点です。

 

『手ぶらで生きる』紹介ポイント

要約

 

あなたに紹介したいポイントは以下の4つ。

 

  • 「これだけあれば満足できる」という指標を持つ
  •   選択と集中
  • 「最大化/満足化」
  • ミニマリストになることは、自分の「好き」を強調していく作業である

 

順番に見ていきます。

 

「これだけあれば満足できる」という指標を持つ

何をどれだけあれば満足できるかを知ることで

「もっと欲しい」という感情に歯止めをかけることができます。

 

お金に関する不安は生涯つきまといますが、

「最低限これだけあれば生活できる」

「これだけあれば十分に暮らせる」

 

指標を持つことで

新たな目標や生活に1歩でも踏み出せるのではないでしょうか?

 

選択と集中

どこに多くのお金を使うかという悩みに対して

著者は「一点豪華主義」を取り入れている。

 

必要な物に絞り、必要じゃない物には使わない。

長時間使うものを主にピックアップし、

物を「より少なく」を心がけることで

「選択と集中」が上手になります。

 

お金が無尽蔵に使えるわけではなく、また物が溢れる現代。

より一層、意識すべき考え方ではないか?と感じました。

 

「最大化/満足化」

「もっといい物があるのではないか?」

買い物はどこかで妥協しなければなりません。

 

物にこだわるミニマリストはどう答えを出しているか?

それが最大化/満足化という考え方です。

 

最大化=全ての選択肢を探り、最高のものを追求。

満足化=自分が必要とするニーズを満たす、最初のものを選択する。

 

「これで十分」で満足すること。

それは大体の場合、「十分に満足」である。

 

満足化に縛られていた私に大きなインパクトを与えてくれました。

 

無印良品の例がありましたが、

「なぜ、私は無印良品の商品が好きなのか?」

1つの答えを提示してくれました。

 

ミニマリストになることは、
自分の「好き」を強調していく作業である

「色んな意見や価値観」はある。

著者はそんな中でも自分の意見をあやふやにせず、

「こう思う」と、勇気を出して言い切っている。

 

「好き」を選び、それ以外を排除することで

自分が打ち込みたいことに時間とお金を作り出している。

 

多様な価値観があるからこそ、

言い切ることを選択した姿勢は

見習うべきだなと感じました。

 

「黒でよりミニマルな物に統一したい」

これが自分の「好き」です。

 

『手ぶらで生きる』まとめ

手ぶらで生きる

 

以上、ミニマリストしぶさんの著書

『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』

をご紹介しました。

 

ミニマリストの生き方や考え方を

網羅的に把握したい方には

ぜひ、読んでいただきたい1冊です。

 

「1日1食」「床に寝る(今は違います)」など、

取り入れるには中々ハードルが高い物がありますが、

すぐにでも実行できる行動や思考法もあります。

 

上記にもありますが、あなたにとって

最適な「ミニマリズム」を確立して欲しいと思います。

 

では、また。

 

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム
-

© 2022 Less Powered by AFFINGER5