ミニマリズム

物が多いことで生み出される弊害5選【結論、ストレス】

スポンサーリンク

 

物が多いと特別思っていないのに

「疲れてくるなぁ」

「散らかっているのではないか?」

なんでこんなこと思うのだろう?

 

こんな疑問に答えます。

 

こんな人におすすめ

  • ものが多くてストレスを感じている人
  • 物が多くて疲れている人
  • 物が多くて捨てたい人

 

物に満たされていると不安もなくなるし、満足感を得られる

そう思っているあなた。

 

それでも部屋を一望してみて

気持ちが落ち着かず、イライラした経験はありませんか?

 

マニアやコレクターの人を除いて、

仕事ができる人やお金持ちほど

生活を洗練し、必要最小限の物で暮らしている傾向にあります。

 

例えば、ROLANDさん。

傘や旅行用バッグ、ジム用の服など

1点しか持っておられません。

 

お金がないから物を買わないのではなく、

徹底的に私物にこだわる姿勢が見られます。

 

物が多いから幸せになるのではなく、

むしろ弊害にもなりうることを

この記事で知っていただけると幸いです。

 

片付けが増える

単純ですが、モノが多いので片付ける手間と時間が増えます。

常日頃から使ったモノを戻す習慣があっても、
その選択肢が増えるので同じことになります。

 

余計にストレスを感じる

ストレスとして考えられるのは以下、3つです。

 

  • 視覚としての情報が多くなる
  • 選択肢や考え事が増える
  • 「片づけないと」罪悪感、不安に陥る

 

順番に見ていきましょう。

 

視覚としての情報が多くなる

視覚として入ってくる物が
脳に対して「情報」として入ってきます。

 

情報が多いことで、脳への刺激が強くなっていき
気が散ったり、落ち着かなくなってしまいます。

 

選択肢や考え事が増える

色や配置、物を収納するための物など

買う選択肢が増えたり、考えることが多くなります。

 

心理学で一般的に「決断疲れ」と言われている現象があります。

知らず知らずのうちに意思決定が増えていくことで、脳が疲れます。

イライラやストレスの原因となることを避けていきましょう。

 

「片づけないと」罪悪感、不安に陥る

「部屋が汚いなぁ、片づけをしなきゃなー」

どこか言い訳をして、先送りにしていませんか?

頭の片隅にずっと引っかかります。

 

スペースが奪われる

モノが増えると、自分が自由にできる空間が少なくなります。

 

「空白」がなくなることで

 

  • 視覚からの情報が多くて疲れる
  • 何か作業をするときに掃除をしないといけない
  • 移動に手間がかかる

 

散らかっている状況は何も生み出しません。

 

時間が奪われる

 

  • 探し物がない
  • 失くしたかもしれない

 

こんな経験は誰でもあると思います。

よく使うモノはいいとして、久しぶりに使うモノは「どこにしまったっけ?」となります。

 

モノを減らすことで「探し物をしない」自由な時間を生み出すことができます。

「時間」を、捨てることで生み出せるとしたら素晴らしいことだと思いませんか?

 

お金が奪われる

これはモノの多さ、そのものよりもモノが多くなってしまう人に当てはまります。

「奪われる」少し語弊があるかもしれません。

特に何も考えずに「欲しい」と思って買う人に当てはまります。

 

いったん考えてみると、欲望のままモノを買って幸せになっていますか?

本当に暮らす上で使っていますか?ときめいていますか?

 

簡単な話です。それがないと明らかに不効率になるモノ

(YouTuberなのに3万円のパソコンで、動画編集がほぼできないなど)

 

それからこれがないと生活できないモノに買うモノを絞る。

(携帯、最低限の衣服など)

 

「これがないと困る」を書き出すと、そのモノの絶対的な価値がわかります。

そうするとそれ以外のモノは生きる上で必要であるモノではないことになります。

 

余ったお金は個人的にはお金がお金を生み出す、
自己投資や夢の実現に使ってはどうでしょうか

 

【物が多いことで生み出される弊害】まとめ

 

再度、物がもたらす弊害についてまとめます。

 

  • 片付けが増える
  • 余計にストレスを感じる
  • スペースが奪われる
  • 時間が奪われる
  • お金が奪われる

 

自分にとって本当に必要な物を選ぶことで

時間やお金について、問題が解決される1つの手段になりうる。

人生を好転させることができる。

物に支配されず、振り回されこともなくなる。

 

自分もまだまだ道半ばです。

自分の好きに正解がないからこそ、正解を絞っていき、

こだわりを持つことが大事なのではないでしょうか。

 

一緒に頑張りましょう

 

 

スポンサーリンク

-ミニマリズム
-

© 2022 Less Powered by AFFINGER5